読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SHIKOの道

〜海外の最新洋書と好きな音楽を中心に〜 まずは試行と思考を高い志向で

博報堂デザインのブランディング: 思考のデザインとカタチのデザイン 永井一史

正しいだけでは、人の気持ちは動かない博報堂や電通、大手広告代理店をのイメージは、クリエイティブな仕事をしててカッコいいなぁって感じ。実際に、モテるだろうしね。僕たちが自然と目していたTVCMや駅の巨大広告は、そんな彼らのクリエイティブな仕事か…

Courier・Japonが会員制オンラインメディアに移行、紙雑誌はもう終わりなのか?

2016年4月から会員制のオンラインメディアに移行 クーリエ・ジャポンを初めて読んだのは確か大学生のとき。「世界はこんなに広がっているのか!」と衝撃を受けて、毎月発売を楽しみにしていた。 最近は、「自己啓発系に偏りすぎていること」「自分自身で新し…

英語勉強:語学交換パートナーとのカンバセーション 1回目

英語力を上げるために Fast CompanyやEconomistなど英語の記事について、ブログを書いているが、実のところ英語に自信を持っていない。自信をつけるために書いていると言ってもいいかもしれない。 あと僕の場合、TOEICのような試験勉強はできない(=やりたく…

再生 日本の伝統にスイッチを入れる-矢島理桂 x 丸若裕俊

日本の伝統産業を活かす すでに一ヶ月以上も前になってしまったが、六本木アカデミーヒルズで開催されたアートカレッジについて書く。今回のテーマは、「伝統工芸」でスピーカーはお二人。 一人目は、株式会社「和える」の矢島理桂さん。 二人目は、株式会社…

最高のパフォーマンスを出すために!マインドフルネスを実践する

僕が初めて、マインドフルネスという言葉を聞いたのは、3年前サーチ!という本だ。 サーチ! 富と幸福を高める自己探索メソッド 作者: チャディー・メン・タン,柴田裕之 出版社/メーカー: 宝島社 発売日: 2012/07/21 メディア: 単行本 購入: 5人 クリック: 29…

「バクマン」はどのように映画化されたのか?プロデューサー川村氏が語るヒットする企画の原則

アートカレッジカレッジエンディングトーク 11/23に開催された六本木アートカレッジ。そのエンディングトークで、映画プロデューサーの川村元気さんが登壇されていた。 前回はヒットメーカー川村さんの「アイデアが生まれるとき」について書いた。 shiko-pl…

アイデアが生まれるとき-大ヒットを量産する映画プロデューサー 川村元気氏の考え抜く力とは?

「電車男」「告白」「悪人」「モテキ」そして「バクマン」ヒット作連発今、日本で最もヒット作を作れる人なのかもしれない。それが、映画プロデューサーの川村元気氏。26歳のときにデビューし、いきなり大ヒットした「電車男」。そこから、「告白」「悪人」…

慶應現役モデルが語るエシカルファッションとセルフブランディング

ギャルから慶應?モデルの鎌田安里紗さん@六本木アートカレッジ 「エシカルファッション」という言葉を聞いたことがあるだろうか? 安く、大量に作る「ファストファッション」の対極にある言葉と言ってもいい。 つまり、地球や環境に配慮したファッションだ…

世界一の朝食「ビルズ」の仕掛人、中村貞裕氏から学ぶ"ブーム"の起こし方

株式会社トランジットジェネラルオフィス 代表取締役社長 中村貞裕氏 彼こそ、今の流行のヒットメーカーだ。世界一の朝食「ビルズ」、表参道のチョコレートバー「マックスブレナー」 どれも大行列を作る人気店、それを日本に持ち込んだのが中村氏だ。 六本木…