読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SHIKOの道

〜海外の最新洋書と好きな音楽を中心に〜 まずは試行と思考を高い志向で

東京マラソンから東京の安全は創られる

マラソン

来月の東京マラソンは抽選に漏れたため、走ることは叶わないが、ボランティアスタッフとして参加。

昨年に実際に走ってみて感じたが、ボランティアスタッフのホスピタリティーが非常に高かかった

走ることに集中できたのは、ボランティアスタッフきめ細かいフォローのおかげ!

ということで、昨年Takeした分、今年はGiveしたいと思い、今回チームスマイルに応募。

f:id:OQN:20150118164159j:plain

今日はその経緯で、東京都消防局などが主催の救命技能講習を受講

万が一、ランナーの身に何か起きた時に、適切な判断と応急処置ができるようになるのが目的

過去の東京マラソンでは累計7人の人が心肺停止に陥っていることを考えると、

そういう事態が発生するという前提で、動いておかないといけない。

(松村邦洋さんがNewsになりました http://matome.naver.jp/odai/2141517948784506101)

救急隊が出動する事態は発生しているけど、死亡者はゼロ!その理由は、

1次処置(救急隊が到着する前の対応)が適切に対応されていたこと

過去の東京マラソンで1次処置に当たったのは、

大会の医療スタッフだけでない、ボランティアスタッフや後続のランナー、そして沿道の観客も含まれているのだ

今回の講習も、適切な応急処置をできるように1000人を対象に行われた

東京マラソンはランナーの安全が最も考えられている大会の1つなのだ

 

そして、この救命の技能と知識は、有事も事態にも発揮される

東京でもし大災害やテロが発生した時、、、

ひとりひとりが助け合いの精神が必要なのは言うまでもないが、

どれだけ素早く適切に1次処置できるかが人の生死を左右する

最悪のシナリオは考えたくないが、その準備は東京マラソンをなどを通して進められている。

地道な取り組みだが、続けて欲しい取り組みだ。

 

 

 

最新図解 救命・応急手当の手引き

最新図解 救命・応急手当の手引き