読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SHIKOの道

〜海外の最新洋書と好きな音楽を中心に〜 まずは試行と思考を高い志向で

Big Magic :Creative Living Beyond Fear/Elizabeth Gilbert

書籍レビュー 最新 洋書 TED
Q: What is creativity? 
A: The relationship between a human being and the mysteries of inspiration.
クリエイティブとは何か?人間とインスピレーションのミステリーの関連性のことをいう。
Big Magic: Creative Living Beyond Fear

Big Magic: Creative Living Beyond Fear

本書は、作家Gilbert氏によって書かれた、恐怖を乗り越えてクリエイティブに生きる方法について書かれた1冊。
Gilbert一躍有名にしたのが、Eat Pray Love(邦題:食べて、祈って、恋をして)。
本は全世界700万部以上売れ、ジュリアロバーツ主演で映画化もされた。
作家としては、これ以上ない成功だ。
 
のはずだった、、、
この「Eat Pray Love」が彼女の人生を大きく左右する、それも悪い意味で。
あまりにも売れ過ぎたため、次回作のハードルが物凄く上がってしまったのだ。
周りは、そんな心配をよそに期待を膨らませる。
もちろん、批判する人は必ずいるわけで、その人たちは次回作こそ失敗しろと悪意に満ちた嫉妬を振り撒いている。。
 
そして、描いたEat Pray Loveの続編。
 
ヒットしなかった。
 
しかし、彼女はそれを気に止めない。
それほど彼女は「恐怖」に打ち勝っていたのだ。
本書はそんな彼女が反映された一冊だ。
 
Do you have the courage to bring forth the treasures that are hidden within you?
スケールは違えど、Gilbert氏と同じ境遇に立たされる。
特に自分の力以上の結果が出た後は要注意だ。
単にハードルが上がっているだけではない、
失敗すれば、これまでの築いたものを失ってしまうのではないかという恐怖、
人からの嫉妬や批判により、その恐怖倍増する。

最も大切なことは、自身の中に隠れている光を見つける勇気を持つことだ。 
極端な成功と失敗は、自分を見失う。そして自信を失う。
そんな弱い自分に負けないための心構えと準備が大切なのだ。
 I believe that inspiration will always try its best to work with you—but if you are not ready or available, it may indeed choose to leave you and to search for a different human collaborator.
自分を信じることからインスピレーション生まれ、クリエイティブな生き方が実践される。
そして本当に必要なことに、あなたのクリエイティビティを発揮できるようになる。
Gilbert氏の場合は、「書く」こと。
ただ書くことに集中する、一段上の視点から「書く」という行為を再定義することで、目の前の恐怖を乗り越えることができるのだ。

本書は6つのパートでそのことを説明している。
Part I Courage 
Part II Enchantment 
Part III Permission 
Part IV Persistence 
Part V Trust 

Part VI Divinity

今の平凡な生き方から脱出し、クリエイティブに生きるヒントがこの本にはある!

アメリカでは相当売れているので、一度読むべきかもしれない。

Big Magic: Creative Living Beyond Fear

Big Magic: Creative Living Beyond Fear

Eat Pray Love: One Woman's Search for Everything

Eat Pray Love: One Woman's Search for Everything

食べて、祈って、恋をして 女が直面するあらゆること探究の書 (RHブックス・プラス)

食べて、祈って、恋をして 女が直面するあらゆること探究の書 (RHブックス・プラス)