読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SHIKOの道

〜海外の最新洋書と好きな音楽を中心に〜 まずは試行と思考を高い志向で

コ・イノベーション経営: 価値共創の未来に向けて C・K・プラハラード②

競争環境の急変への対応

本当に求められるのは、業務プロセスに絶えず注意を払い、必要に応じて修正を加えていく能力だ。結果として標準化が望ましいとの判断に至る場合もあるだろうが、標準化そのものを目標にするのは意味はない。

前職で業務プロセスの標準化をやっていたので耳が痛い。そう、標準化はゴールではないのである。

プロジェクトのスタートも標準化を通して、実現したいことがあったはずなのに、いつの間にか標準化そのものゴールとなって形骸化してしまうことがあった。
Next Action
大事なことは、経営資源見える化と状況に応じて、その資源の組み替えをできるアジリティだと指摘している。組み替えができるようにするには、ある一定のモジュール化による統合が必要であろう。
スタートアップして間もない環境なので、前職の経験を少しでも還元したい。

 

コ・イノベーション経営: 価値共創の未来に向けて

コ・イノベーション経営: 価値共創の未来に向けて

 

 ・前回の読書

shiko-plus.hatenadiary.jp