読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SHIKOの道

〜海外の最新洋書と好きな音楽を中心に〜 まずは試行と思考を高い志向で

新世代CEOの本棚 迫俊亮②

インプットの時代
このマザーハウスで悪戦苦闘した時期は、私にとってインプットの時代。「右脳の時代だ」と聞けばデザインスクールの門を叩いてデッサンを勉強し、グローバルな知識が必要だと思えば、毎週朝7時からイギリスの「エコノミスト」誌を読んで英語で議論する会に参加。ライフネット生命岩瀬大輔さんに「『フィナンシャル・タイムズ』も読まないと駄目だ」と言われたときは、食費を切り詰めてすぐに購読しました。なんとか成長したい。自分は賢くないから、信頼する人に薦められたことはすべてやろう。そう考え、あらゆることに手を出していたのが、この時代です。
29歳でミスターミニットCEOとなった迫さん。その背景には、マザーハウス時代に下積みがあったという。僕も今年29歳。どっかのCEOをやっていてもおかしくない年齢だが、自分にはまだまだ遠い世界。少しペースとしては遅れているが、こっから挽回したい。

Next Action

上司から土日は、銀座のギャラリーを廻るべきとアドバイスもらったので、必ずまわりたい。それだけでなく、グローバルで活躍したいので、エコノミストももっと読まないとあかんなぁ。
 
・過去の読書 

 

新世代CEOの本棚

新世代CEOの本棚