読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SHIKOの道

〜海外の最新洋書と好きな音楽を中心に〜 まずは試行と思考を高い志向で

「EDC(Electric Daisy Carnival)」が2016年7月ついに日本初上陸!

待ちに待ったEDCついに日本上陸!  

本日ついに発表されたEDCの日本上陸 

EDCとはElectric Daisy Carnivalの略で、Ultraやtomorrowlandと並ぶ世界3大EDMフェスの1つ。

その中でも世界最大のミュージックフェスティバルと言われるほど大規模フェスなのだ。

disc-j.net(引用元)

f:id:OQN:20150716224407p:plain

今年の9月に開催されるUltra Japanは3日間で9万人の導入を予定しているが、

ラスベガスのEDCはそれはるかに凌ぐ3日間で40万人が来場する。

登場するDJも世界のスーパースター180人が集結する一大イベントなのだ。

日本のどこでやるのか?

このような大規模イベントをどこでやるのか?

公式情報では、TOKYOということが発表されているが詳細はまだでていない。

本場ラスベガスだとカーレース場一体がフェス会場となる。

Ultra Japanはお台場で開催されるが、同じ会場となるのか?

都心で10万人以上が入る場所で思い浮かぶのは・・

1つしかない!そうディズニーだ。(正確にはTOKYOではないが・・)

ディズニーランド8万人ディズニーシー6万人の収容人数と言われている。

ディズニーでEDCが開催されるなら、3日間絶対参戦ですね。

EDC創設者の想いとは?

edmpress.info(引用元)

世界的EDMのDJであるTomoさんのブログに、EDC創設者であるRotella氏の想いが紹介されていた。

「人々が、時たま僕にビジネスに関してのアドバイス、または彼らがどの様にしたら自らの夢や目標を現実化できるかを聞いてくるんだ。
これまで常に僕にとって最適で、一番の方法を彼らに伝えるならこれ。ーー『自分が好きなことをする。』本当にただこれを、ずっとこの20年間毎日ひたすら続けてきたんだ。(略)昔から変わらず、人々が楽しんでいる姿、彼らの笑顔を見るのが大好きなんだ。そして、クリエイティブな環境を人々に提供したり、その計画を立てることが大好きで、これが僕にとってのパッションなんだ。この強い思い入れがなければ、経済的にとても苦しかった時期、失敗を何度も何度も繰り返した時期を通り越すことはできなかっただろう。もし僕にこの熱意がなければ、もうとっくに全てを諦めていたと思う。

P.L.U.R.というコンセプトが皆をまとめていたんだ。これは本当に事実だ。昔から変わらず今でも僕にとってはとても大切なコンセプトなんだ。(略)
PLURが理由で僕はイベントを開催し続けているし、PLUR精神が何回か訪れた僕の人生で大変な時期からも救ってくれたんだ!もっと後でまだこの話は続けるけれども、今回はP.L.U.R.についての話で終わりにするね… ‪
PEACE(平和):他者と同じ場所で争うことや、ネガティブな影響や態度なしで、皆で仲良く一緒に過ごすこと。
LOVE(愛):無条件に皆に愛を与えること、そして人種、性別やそれぞれの信条関係なく友好的なこと。
UNITY‬(団結):皆で集り、似たような興味をシェアし、どんな人とでも友達になれて、仲間はずれと感じている人達にも幸せを分け与えることができ、どんな人でも受け入れ、仲良くなれること。
RESPECT(尊敬):他者のあなたへの期待は気にせず、ありのままの自分自身でいれること。そして、他者と助け合うことができること。自分の周りの人々に、誇り、勇気を分け与え、自分自身に対してと同じように彼らを敬えること。」

クラブって聞くとチャラい、危ないっていうイメージを持つ人が多い。しかし、それは少し残念だ。

EDMに流れるP.L.U.R.のコンセプト!

これをみんなで同じ場所で共有することに最大の価値があるのだ。

来年の夏、P.L.U.R.の精神で、何より無我夢中にEDCを楽しみたい。

今からが待ち遠しい。

 

BEST EDM 2015

BEST EDM 2015

 
Ultra Music Festival 2015

Ultra Music Festival 2015