読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SHIKOの道

〜海外の最新洋書と好きな音楽を中心に〜 まずは試行と思考を高い志向で

どんな困難にも恐れず急成長!ノーベル平和賞から1年経ったマララ・ファンドが支援していること

MALALA STRIKES BACK: BEHIND THE SCENES OF HER FEARLESS, FAST-GROWING ORGANIZATION 

引用元www.fastcompany.com

Fast Company12月号の特集の1つ、マララ・ユスフザイ 。
彼女の名前は、昨年のノーベル平和賞受賞で世界中に知れ渡った。

当時弱冠17歳。
その若い少女からは想像できない壮絶な過去に、人々は胸を打たれた。
15歳のときに、反政府組織のタリバンに頭部を銃撃されたマララ。
女性の教育を主張していた彼女にタリバンに目をつけられたのだ。
 
そんな生死を彷徨う経験をしたマララが、今最も力を入れているのがマララ・ファンドだ。
女性が教育を受けられない地域に、女性へ教育を提供するために活動をしている。
But Malala is doing more than building awareness: She’s creating a network of action and impact. Her still-young Malala Fund has already helped finance projects in six countries—Pakistan, Nigeria, Kenya, Jordan, Lebanon, and Sierra Leone—by opening schools, providing scholarships, and setting up education groups and remote-learning programs. While the fund’s budget today is modest (it spent more than $4 million in 2014), Malala has created a model for other NGOs, local government, and, yes, world leaders that shows how on-the-ground engagement can be effective. 
マララファンドすでに6カ国でファイナンシャルプロジェクトをサポートしている。それらは学校運営、奨学金の提供、教育グループやリモート教育の設置などだ。400万ドル以上の予算を投資している一方、他のNGOや地域政府、そして影響力のある世界のリーダーのためにモデルを作っている。

community.malala.org マララファンドの活動はここで見ることができる

 
And once young people join the mission, it’s no longer just my voice. It’s the voice of the people.
この1年間で、マララはサポーターが生まれた。
Microsoft社、スターウオーズの監督JJ.Abramsだってそうだ。みんな、18歳掲げるビジョン共感したのだ。
This past year, the Malala Fund began a phase of explosive growth, fueled by a ramped-up staff; grants and donations from supporters including Microsoft, the Skoll Foundation, and [p]Star Wars[/p] director J.J. Abrams, plus small-dollar donations from a public besotted with Malala and her efforts; and global interest the average NGO could never imagine. All this because of the clear-eyed vision of an 18-year-old.
このような世界的な影響力を持つ彼女には、世界中から多くの支援者が名乗りあげる。
20歳にも満たない少女がこれらの申し出を裁くのは難しい。
マララファンドには二人のキーマンがいる。
 
一人は、Meighan Stone氏。
彼女は、国連の世界食糧計画などNGOの世界で15年の経験がある。
 
もう一人は、Shiza Shahid氏。
スタンフォード大卒業後に、マッキンゼーのドバイ支社で働く。
マララが銃撃された後、古い家族同士の付き合いからマララファンドに参画した。
まだ26歳。世界のUnder30で注目されているGlobal Activistの一人だ。
マララファンドの特徴は、その地域ごとに信頼できるパートナーを探している。
ある人は言う「どうやってそのパートナーを探すのか?」
それに対してStone氏は言う。「どうして彼らを見つけていないのか?」
大切なことは、長年資金もなく、認知すらされず闘ってきた人々を支援することなのだ。
そう、ネクスト・マララを一人でも多く生み出していくことなのだ。
"People always ask us, ‘How do you find all these developing-country partners?’ " says Stone. "And we’re like, ‘Why haven’t you found them before?’ I think we’re just scratching the surface. We’re hoping to find so many more Malalas and Zias who we can support. There are people in all these countries who have been fighting this fight for a long time with no funding and no recognition."
マララの今後は?
She has garnered enough support that when the Sustainable Development Goals were presented at the UN in September, the language of the working documents had been changed to 12 years.
今年9月の国連で開かれた「持続可能な開発目標(SDGs)
マララが主張していたすべての女子が、安全かつ質の高い初等・中等教育を12年間無料で受ける権利が反映された形だ。

一方で留学先のイギリス・バーミンガムでの自身の学業についても疎かにしていない。
イギリスの全国統一模試で最高評価となるA*を6教科、その次の評価となるAを4教科取得したのだ。
After receiving the Nobel Prize, Malala hunkered down for six months to prepare for England’s rigorous GCSE tests. Her father tweeted to the world the results of her efforts: "My wife Toor Pekai and I are proud of Malala getting 6A*s and 4As. #education for every child.
この成績を元に、スタンフォード大学かオックスフォード大学に政治学、経済学を学ぶ進路を望んでいるマララ。
夢はパキスタンの大統領になることだ。しかし、大統領になるには35歳まで待たなければならない。
しかし、彼女はそんなに待っていられない、だからこそ彼女は自身の仕事をスタートさせる。
Malala hopes to go to college at Stanford or Oxford and plans on studying either politics or economics. She long harbored the dream of becoming the prime minister of Pakistan, but now she’s not sure. "In our country, if you want to become a prime minister you have to be 35 years old," she says. "I can’t wait until I’m 35 and say, ‘Okay, now I’m starting my job!’ So I’ve not decided what I want to do, but I have decided what I don’t want to do," she continues, reaching up shyly to cover her smile. "I don’t want to become a doctor, and I don’t want to become an engineer." 
わたしはマララ: 教育のために立ち上がり、タリバンに撃たれた少女

わたしはマララ: 教育のために立ち上がり、タリバンに撃たれた少女

 
マララ 教育のために立ち上がり、世界を変えた少女

マララ 教育のために立ち上がり、世界を変えた少女

 

 <この記事が載っているFast Company12月号>

Fast Company [US] December - January 2016 (単号)

Fast Company [US] December - January 2016 (単号)

 
<Fast Company12月号読書会はこちら> 

peatix.com