読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SHIKOの道

〜海外の最新洋書と好きな音楽を中心に〜 まずは試行と思考を高い志向で

Thinkers50 2015発表!今、世界で影響を与える思想家とは?

TED 最新 洋書 トレンド 政治経済

2年に一度、発表されるThinkers 50。

これは世界で最も影響力のある経営思想家を決めるランキングだ。

このランキングにランクインしている著者の本は、まず間違いはない。

2011年、2013年は『イノベーションのジレンマ』で有名なHBSのクリステンセン氏がNo.1に輝いていた。

イノベーションのジレンマ―技術革新が巨大企業を滅ぼすとき (Harvard business school press)

イノベーションのジレンマ―技術革新が巨大企業を滅ぼすとき (Harvard business school press)

 

 2015年第一はこの人!

マイケル・E・ポーター

Regarded as the father of modern business strategy, Porter, who has consulted to dozens of corporations and a number of national governments including the UK, returns to the No. 1 slot in 2015 after previously topping the list in 2007.

現代ビジネス戦略の父と言われるポーター氏、数々の企業やイギリス政府を含む各政府をコンサルしてきたが、2007年の前のランキング(2005)以来の1位に返り咲いた。

Michael Porter - Thinkers 50

彼のファイブフォースフレームワークは世界中のビジネススクールで教えられている。

戦略論を学んだことがある人は一度は、目にしたことがあるはずだ。

なぜ1位なのか?

少し、考えてみたい。なぜポーター氏なのか?

ポーター氏が偉大なのは誰もがわかる。けど、今最も影響力を与えているのか?

彼がNo.1に輝いた2005年は経済的にも右肩上がりだった。

しかし、2008年リーマンショックが起き、単に稼ぐという拝金主義的な考えが社会の中で変わりつつある。

そんな中、ポーター氏が2013年のTEDで語っているテーマが『なぜビジネスは社会貢献に役に立つのか?』


Michael Porter: Why business can be good at solving ...

この動画を観れば、ポーターが主張する『Shared Value』について理解出来る。

これまでは、ビジネスは(大気汚染などの)問題を産むものとされていた。しかし、問題を解決した方が無駄なコストやリソースを減らせる。リソースが増えれば、よりスケールが大きい問題解決に取り込むことができる。それがポーターの言う『Shared Value』だ。

ポーターが掲げるCSV(Creating Chared Value)経営とは、ビジネスモデルを使い社会問題を解決すること、それにより社会的価値と経済的価値を同時に創造することだ。

ポーターの戦略論は、これまで多くの企業や経営者、コンサルタントに影響を与えてきた。

そんなポーターが、社会全体の向上のための主張をしている。そして、多くの企業でポーターが主張するCSV経営が取り入れ始めているというのも事実である。

第1回 CSRからCSVへ、「トヨタ東日本学園」開設の意味 | 新・公民連携最前線 PPPまちづくり

「クロネコヤマトの満足創造経営」がものづくりメッセイの特別講演、福祉や防災の関係者も注目

第3回 「CSV大学」で地域資源ビジネスを創造、弘前市 | 新・公民連携最前線 PPPまちづくり

ポーターの本なんて大学卒業して以来一切読んでいなかったが、これは恥ずかしい。

今の世の中をきちんとみるために、もう一度読み直したい。

〔エッセンシャル版〕マイケル・ポーターの競争戦略

〔エッセンシャル版〕マイケル・ポーターの競争戦略

 
CSV経営戦略―本業での高収益と、社会の課題を同時に解決する
 
CSV時代のイノベーション戦略 「社会課題」から骨太な新事業を産み出す

CSV時代のイノベーション戦略 「社会課題」から骨太な新事業を産み出す