読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SHIKOの道

〜海外の最新洋書と好きな音楽を中心に〜 まずは試行と思考を高い志向で

FacebookやTwitter以上のスピードで成長するUber!タクシーだけではない、今後のビジネスモデルとは?

Economist 洋書 最新 トレンド

今世界で成長している企業の1つUber

配車サービスアプリUber。

タクシーと異なる点は、誰でもドライバーとして登録できるという点だ。

誰でも宿泊のオーナーになれるAirbnb同様、シェアリングエコノミー(ゆるやかな信頼をベースに、今余っているモノや人、リソースを今必要としている人に提供する事業の総称)の象徴と言える。

 今回は、そのUberに関するEconomistの記事の紹介

Uber now operates in 311 cities in 58 countries, providing more than 1m rides each day.

 Uberは58カ国311の都市で利用されている。

Uber’s value has grown faster than those of Facebook and Twitter in their early years.

Uberの企業価値はあのFacebookTwitterよりも早く成長している。 

f:id:OQN:20150628063215p:plain

ではなぜ、それほどまで期待されているのか?

But Uber should also be admired by strategists in other industries. It is a case study in how to construct a “platform”, a Silicon Valley buzzword for a digital service on top of which other businesses can be built.(Omit) Google’s mission is to organise all the world’s information; Uber’s is to offer “transportation as reliable as running water, everywhere for everyone”.

Uberは他の産業がお手本になるプラットフォームを運営している。 

Googleのミッションが世界中の情報を整理することだとしたら、

Uberのミッションは、全ての場所にいる全ての人のために、水が流れるのと同じくらい信頼できる運送を提供することだ。

 

Last month Toronto became the fifth city where the firm’s lunch-delivery service, UberEATS (pictured), is available.(omit)In some cities there are already a number of smaller firms that offer rapid dispatch via an app: for instance, Instacart delivers groceries, Postmates brings hot meals and Shyp collects parcels.

Uberが利用されるのは単なるタクシーだけではない。

Uberを使ったランチのデリバリーサービスや、中小企業もUberを使って物流のチャネルの1つとして利用しているのだ。

f:id:OQN:20150621103141j:plain

Logistics companies have invested heavily in algorithms that help them route deliveries efficiently; but as Uber’s traffic grows, and as it spreads to more places, it will gather a wealth of data that will let it catch up with them.

Uberはこれまでの配送ルートをデータ化及び分析し、物流ルートの最適化に取り組んでいる。今後より、物流業界にシフトしていく場合、このデータ分析が他の物流会社に対しての武器になる。

Uberの3つの課題

1.ライバル会社の出現:中国ではDidi Kuaidiというライバルが出現している。彼らのパートナーはアリババやテンセントといった中国のメガIT企業だ。

www.reuters.com

2.労働法規制:Uberの運転手は社員ではないという立場のため、人件費のコストを最小限まで抑えてきたが、これが違法である判決がいくつかでてきた。

www.gizmodo.jp

3.自動運転車の実現:そもそもドライバーなんていらないという未来が訪れたら・・

itpro.nikkeibp.co.jp

IPO間近と言われるUber。これらの課題にどう取り組んでいかに注目です。

破壊者・UBERの正体 Wedgeセレクション

破壊者・UBERの正体 Wedgeセレクション

 

 

シェアリング・エコノミー ―Uber、Airbnbが変えた世界

シェアリング・エコノミー ―Uber、Airbnbが変えた世界