読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SHIKOの道

〜海外の最新洋書と好きな音楽を中心に〜 まずは試行と思考を高い志向で

アートの街バルセロナで感性を磨く子供たち

スペイン旅行第3弾は美術館
9月後半から10月初旬に観光したスペイン・バルセロナ
第3弾目となる今回は、旅の目的の1つである美術館巡りについて書く。

第一弾:オリンピックスタジアム

shiko-plus.hatenadiary.jp

第二弾:カンプノウスタジアム

shiko-plus.hatenadiary.jp

ミュージアムパスを手に入れる

バルセロナでのアート巡りに欠かせないのが、このミュージアムパス

f:id:OQN:20151025160003j:image

このパスがあれば!下記 の美術館に入館することができる。

カタルーニャ国立美術館 (Museu Nacional d'Art de Catalunya)
f:id:OQN:20151025160103j:image
バルセロナ現代美術館 (Museu d'Art Contemporani de Barcelona)
f:id:OQN:20151025160122j:image
・ミロ美術館 (Fundacio Joan Miro)
f:id:OQN:20151025160135j:image
タピエス美術館 (Fundacio Antoni Tapies)
f:id:OQN:20151025160449j:image
バルセロナ現代文化センター (Centre de Cultura Contemporania de Barcelona)
f:id:OQN:20151025160235j:image
ピカソ美術館 (Museu Picasso)
f:id:OQN:20151025160255j:image
価格は30ユーロ。どの美術館で購入できる。
各美術館の入館料は7ユーロから12ユーロくらいなので、全部回るのであれば、パスポートを購入した方が良い。
また、あらかじめパスポートを購入していれば、並ばずに別口から入れてくれる。
ピカソ美術館やカタルーニャ国立美術館は混んでいたが、このパスポートを持っていたおかげでほぼ並ばずに入館することができた。
f:id:OQN:20151025161001j:image
 
昔と今が混在する街
バルセロナの街は、いい意味でカオスだと感じた。
中世の雰囲気が残っているなぁと思ったら、少し歩けば現代風のデザインの建物があったりする。
美術館も同様だ。
カタルーニャ国立美術館には古い壁画など展示されている一方で、バルセロナ現代美術館(MACBA)には最新の現代アートが展示されていた。
カタルーニャ国立壁画
f:id:OQN:20151025161610j:image
バルセロナ現代作品
f:id:OQN:20151025161624j:image
ピカソタピエス美術館は、子供たちの学びの場
もちろん、ピカソタピエスといったスペインを代表するアートの巨匠の絵もある。
ここで驚いたのが、美術館で授業が行われていたことだ。

タピエス美術館で、先生がタピエスの作品を説明。

 f:id:OQN:20151025161756j:image

そして、生徒各々が自分が感じたことをみんなの前で発表している。

f:id:OQN:20151025161808j:image

ピカソ美術館でも似たような光景を目にした。

子供たちは、芸術に対する知識・教養はない。けどその分、偏見やバイアスなく、芸術作品に触れることができる。

そう思ったとき、僕は音声ガイド耳から外した。わざわざ、スペインまで来たのだから、きちんと芸術に触れたいと思い、音声ガイドはなるべき借りるようにしていた。

確かに近年の現代芸術を解読するには、誰かの解釈の手助け必要なのかもしれない。心や社会の奥底のカオスを描いている作品は特にそうだ。

だけどその過程で、自分での解釈を放棄している。

誰かが素晴らしいと言うから、「素晴らしい」そう無意識のうちに解釈している気がした。

感性が必要と呼ばれる時代、それは自分の目で観て、一番最初に「素晴らしい」と言ったやつが勝つ時代だ。

これには勇気、そして自分の感性を信じる力がいる。

他の人の意見に従うという安全圏(コンフォータブルゾーン)を抜けるには、自分の直感に自信がないとできないのだ。

スペインの子供たちは、感じたことを自分の言葉で話していた。それも一流のアート作品を観て。

なかには、一流の作品を気にくわないって言った子供もいただろう。けど、それでいいと思う。

みんなと同じで思考では、答えの時代を生き抜けないのだから。

学力をのばす美術鑑賞 ヴィジュアル・ シンキング・ ストラテジーズ: どこからそう思う?

学力をのばす美術鑑賞 ヴィジュアル・ シンキング・ ストラテジーズ: どこからそう思う?

もっと知りたいピカソ 生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)

もっと知りたいピカソ 生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)

  • 作者: 松田健児,大高保二郎
  • 出版社/メーカー: 東京美術
  • 発売日: 2006/01
  • メディア: 単行本
  • クリック: 46回
  • この商品を含むブログ 
妄想トラベラー 歴史と文化が息づくバルセロナでの過ごし方 編

妄想トラベラー 歴史と文化が息づくバルセロナでの過ごし方 編