読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SHIKOの道

〜海外の最新洋書と好きな音楽を中心に〜 まずは試行と思考を高い志向で

一流の定義が変わる?Marriott Hotelのイノベーション

ヒルトン、ハイアットと並ぶ一流ホテル

ヒルトンやグランド・ハイアットと並ぶ一流ホテルと言われているMarriott(マリオット)

日本でも一流ホテルの代表格とされるリッツ・カールトンもマリオットグループの1つ。

そんな一流ホテルが今、変わろうとしているのだ。

www.fastcompany.com

若者が求めるのは贅沢ではなく、経験だ

高級ホテルに泊まることは誰も羨むこと、そんなのは時代遅れになりつつある。
もちろん、一流ホテルはそのサービスクオリティで多くの人を魅了している。リピーターも多い。

だけど、今の若者はそうではない。彼らAirbnbを利用するのだ。
なぜならAirbnbを使えば安く旅ができるだけでなく、旅先でのローカルな体験や経験を気軽にできるからだ。

But millennials are also driven by a desire to have a rich, meaningful experience when they travel, get an authentic taste of the local culture, and gather unique stories to share upon their return. They are often choosing to stay in hostels, AirBnBs or non-name boutique hotels instead of big-brand hotel chains.
Airbnbは将来的には一流ホテルをも脅かす存在である。
そのため既存のホテルや旅館は、彼らが提供するサービスを再定義しなければならない。

ネクストジェネレーションに対して

いち早く彼らのニーズを取り入れようとしているのが、マリオットグループだ。
"As an international hotel company, Marriott has leveraged its scale as a competitive advantage for many years, but what we’re finding is that the next-generation consumer wants the exact opposite of what we’re delivering."
マリオットは新しい取り込みを積極的に行っている。

1.使われていなかった屋上の再利用。都会の中でのピクニック体験。

f:id:OQN:20150704161651j:image

2.食事はローカルテイストで。チーズ職人など地元の職人を巻き込んだサービス。

f:id:OQN:20150704161920j:image

3.ドバイでは若者が集まるナイトクラブ開催。ゲストに有名DJも。

f:id:OQN:20150704162227j:image

これらの取り組みをまとめるとこうだ。

  • 地域からアイデアを集め、地域の起業家や職人とともにプロジェクトを進める。
  • 地元を応援し、地域の持続可能性との調和を図る。
  • そんなローカルな体験を求めて、多くの顧客がマリオットに訪れる。

ゴージャスな体験だけが、一流ではない。時代の変遷とともに価値観が変わり、一流の定義も変わってくる。絶えず一流の価値を提供するには、まず自らが変わらないといけないのだ。

<Fast Companyから最新ビジネスを学ぶ読書会はこちら>

peatix.com

最高のサービスを実現するリーダーシップ  リッツ・カールトンの流儀

最高のサービスを実現するリーダーシップ  リッツ・カールトンの流儀