読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SHIKOの道

〜海外の最新洋書と好きな音楽を中心に〜 まずは試行と思考を高い志向で

きゃりーぱみゅぱみゅ 新CMからみるコカ・コーラのマーケティング戦略

消費者に求められているのは「感動」

 

来月発売きゃりーぱみゅぱみゅの新曲「最&高」

コカ・コーラの新CMに起用されている。

m.youtube.com

きゃりーファンだから思うのだろうか、いや、それを差し引いても、クオリティ高さを感じる。
 
正直、昨今の健康ブームに対して、コーラって状況かなり厳しいと思うんですよ。コカコーラ ゼロを出したところで、ゼロはゼロで体に良くないとかネットのニュースで見かけるしね。
じゃあ向かい風の中でどうやってコカ・コーラは市場を作るのか?
 
シンプルに言うと、コーラを売るのではなく、人との繋がりをサービスとして提供するということ。
スタンプはLINEでみんな使っているから、日本人が最も使用するコミュニケーションツールの1つにななっている。シンプルだからこそ、円滑なキャッチボールがスムースにいくのが特徴だ。
コカコーラも上手く、そのエッセンスを自社製品ボトルに取り入れていてすごいなと思った。
 
なので、軽快なきゃりーの新曲が流れるCMも、コミュニケーションに価値を置いた作品となっている。家族との繋がりや絆っていうシンプルなストーリーだけど、1分間のショートムービーだからこそ、その明確なメッセージ伝わってくる。コーラの味なんかはここでは関係ない。だって、今回コカ・コーラが提供しているサービスは、「伝わるってうれしい!」っていうことの体感・感動なのだから。
コカ・コーラ流 100年企業の問題解決術 (早川書房)

コカ・コーラ流 100年企業の問題解決術 (早川書房)

こころを動かすマーケティング―コカ・コーラのブランド価値はこうしてつくられる

こころを動かすマーケティング―コカ・コーラのブランド価値はこうしてつくられる