読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SHIKOの道

〜海外の最新洋書と好きな音楽を中心に〜 まずは試行と思考を高い志向で

日本のラーメン店は、どうやってアメリカでRamen革命を巻き起こしたのか?

トレンド Fast Company 最新 オススメのお店

日本が力を入れるラーメン戦略

クルージャパン機構も投資する日本のラーメン店


ラーメン店「一風堂」の海外展開支援に20億円 クールジャパン機構 - 産経ニュース

日本文化を海外に売り込む官民ファンド、海外需要開拓支援機構(クールジャパン機構)は8日、博多ラーメン店チェーン「一風堂」の運営会社、「力の源ホールディングス」(福岡市)に、欧米や豪州での海外展開資金として計20億円を支援すると発表した。

アメリカで起こるラーメン革命

今、アメリカでは日本のラーメン店が大人気の模様

Fast Companyの記事で日本のラーメン店の魅力について書かれていた


How Japanese Marketing Secrets Sparked The American Ramen Revolution | Fast Company | Business + Innovation

THE ART OF MANUFACTURING A FOOD CRAZE-食の流行を作り出す技術がすごい

Ramen shop owners in Japan are fully aware that it is not enough to produce tasty and original dishes: They need to work the media to get people talking about them.(Omit) In the months before the shop opened, a stream of coverage started appearing on local blogs. Eater Boston covered the shop no less than four times before the first bowl of ramen was served.Santouka was also mentioned in local blogs like Bostinno and Boston Restaurants, as well as in Harvard’s college paper, the Crimson.

ラーメンの店主はうまいラーメンだけではダメだと理解している

メディアを使ったマーケティングをうまく活用している

実際に日本では、月に何冊ものラーメン雑誌が出ているし、アメリカで山頭火がアメリカで出店するときは、ハーバード大学の学生新聞にも広告を掲載するなどしていた

 

THE PSYCHOLOGY OF LINESー並ぶことの心理的魅力

There is a lot of psychology that goes into waiting in line: It builds up anticipation and can trick consumers into feeling more satisfied with their food.  (Omit) For Americans accustomed to making reservations, standing in line at a ramen shop offers a taste into the broader experience of dining in Japan. In many restaurants, the kitchen is fully visible so customers waiting to be seated can take in the complexity of the ramen-making process: They can smell the broth that has been cooking for days and see the array of toppings that cooks are throwing into the bowls.

並ぶことで人は期待を膨らませ、しらずしらず食への満足感も高めてしまう

多くのアメリカ人は並んで、長く待たされることに慣れていない

だから逆に、1杯1杯丁寧に作られている厨房の風景や美味しいラーメンの匂いが彼らの期待を高めるのだ

 

THE FORMULA FOR SELLING COMFORT FOODー食べてホッとする

"The soup is so simple," says White. "It is just broth, noodles, and a few toppings, but each ingredient tells a story. It allows each chef to create a ramen recipe that is completely different from every other version and explain how each part is made."In Japan, ramen restaurants have figured out the formula for tweaking comfort food so that it stays exciting without seeming like just a fad or a gimmick. (Omit)Santouka itself has been very successful in Japan with over 20 shops that have been around for three decades. "Ramen lovers have different tastes much the same way people have different preferences with music," she says.

 麺、具材、スープはどれもシンプルだ、それらが組み合わさり食べてホッとする空間、ストーリーを生み出している

らーめんに完成系はない、各店舗が工夫をし、美味しい一杯を追求している

顧客もまた、自分好みのらーめんを楽しんでいる

  

僕の大好きなAFURIのらーめん

f:id:OQN:20150304072839j:plain 

 今アメリカに進出したら、流行りそうだ 

TokyoWalker東京ウォーカー 2015 No.4 [雑誌]

TokyoWalker東京ウォーカー 2015 No.4 [雑誌]